だいぶ彼氏できないっす!-ラジオオタクの本音

ラジオから流れくる音楽を毎日楽しみながら勉強をしたり、本を読んだり、気がついたら本当に人との交わりがなくなったように感じている。

 

 

たそがれる日々の中で私が出した答えはとことんやってみること。

 

 

 

恋愛だけはそううまくいかないので、どうしようかと戸惑いを隠せない。

 

 

 

確かあれば小学生5年生の頃だったと思う。好きな人が出来たところまでは良かったんだけど、それから片思いが4年近く続いて胸が苦しくなった。

 

 

人を好きになることの楽しさを味わうよりも先に苦行を小学生の間に体験してしまったのだ。なんとも悲しい恋愛生活。

 

 

あれからずーっと彼氏ができていないと言うと周りから惹かれてしまうので、極力お話はしないようにはしています。

 

彼氏がいないさみしさ

 

 

半年前に引越しして今の土地に住んでいますが、今まではエアロビクスに通ってみたり、友達と映画に行ったりとかなり充実した毎日を過ごしていました。

 

それなのに今は話す人が全くいない状態で、全く運動もしていないので気持ちが沈みきっています。
女の人は話す人がいないとこんなにもだめになってしまうのかと思いました。
離れているから友達としょっちゅう電話で話すのも相手に迷惑になりそうなので、ラインのやりとりをするけれどやっぱり目の前にいて話す方が100倍楽しいです。

 

 

 

話す人がいないと私という人間はこんなにもだめになってしまうと、今日は珍しく涙が出てしまいました。

 

もしかしたら女性ホルモンの関係で気持ちが沈む日だったのかもしれませんが、明るい性格の私にとって話す人がいないというのはかなりの痛手です。

 

早いところスイミングスクールか、スポーツジムを契約して友達を作らないと自分自身がだめになりそうで怖いです。

 

新しい土地というのは思いがけないところに、リスクがたくさんあります。

 

 

 

元々人があまり好きではない私ですが、24時間ずーっと誰とも話をしない生活は思っている以上に辛いですね。共通の趣味を持った友人でも新しく一人出来たらまた違った人生が動き出すんだろうなという予感はしている現状であります。

 

 

 

 

この記事彼氏ができないならピッタリじゃん

 

 

 

すごく嫌な言い方をするならば恋愛は自分の行動力に結果が比例するナンパにすごく似ているのかもしれません。

 

 

ナンパって言葉が悪いですが、何もしなければ成功も失敗もないわけじゃないですか?今回の題材なんてまさにその通りなんですよね。

 

 

 

彼氏ができないことを言い訳にしている自分が恥ずかしくなってきました。戦う土俵にも立っていないくせに話ができることなんて何もないってわけなんです。